2011年 03月 14日

備え

11日の地震の直後外で避難していると、下総基地から飛び立ったと思われる
P-3C(対潜哨戒機)が数機東北方面に飛んで行ったのが見えた。
地震発生後30分から1時間の間に太平洋沿岸を襲った津波の押し寄せる様子を
いち早く撮影したのは自衛隊機だった。

a0163932_2259567.jpg

2010.11.03 入間航空祭にて

病気になって健康の有難みを痛感するように
平穏な日常に慣れると防災の備えがついおろそかになる。

毎日、非日常的な厳しい訓練を行っている人達だけが
いざという時にその力を十二分に発揮できるのだと思う。

自衛隊を始め、消防、警察、緊急医療隊等多くの救援に携わっている人達を
心から応援し、感謝し、一人でも多くの命を救ってほしいと願う。
[PR]

by pictorialisme | 2011-03-14 23:01


<< 陸自ヘリ命がけの放水      Overcome~克服 >>