2011年 08月 10日

世界最大級の高炉 ~ 住金鹿島第一高炉

a0163932_21415750.jpg

トタン屋根の掘っ建て小屋にブリキの煙突?

と思いきや、住友金属鹿島製鉄所の高さ100m、炉の容積5370 m3の
世界最大級の最新鋭高炉、新第一高炉(現第一高炉)なのだ。
住金鹿島は現在第一高炉と第三高炉の2炉体制で生産を行っている。
海側から2基重なって見える手前側(左側)が休止中の第二高炉、奥(右側)が稼働中の第三高炉
そのちょうど真ん中、赤白の煙突の手前にこの第一高炉のブリキの煙突がチラ見出来る。。。
(って、こっちから分かり辛い説明。。。m(_ _)m)

っしっかし、大きさの感覚をマヒさせる製鉄所の光景は。。。
近くに見えるけど実は遠くにあって小さく見える?
肉眼でも望遠レンズ越しに見たような圧縮効果が起きている?
溶鉱炉の熱で空気が歪んで何かマジックアート的なアンバランスな空間のせい?
[PR]

by pictorialisme | 2011-08-10 22:20 | 製鉄所


<< 近くに見えるけど、ホントに近いか?      要石に祈願する ~ 鹿島神宮 >>