2010年 09月 01日

JFEスチール 東日本製鉄所 ~千葉ポートタワーより

a0163932_21253318.jpg

千葉港にある千葉ポートタワーに観光客に紛れて(?)登ってみた。
眼下に見えるのは、JFEスチール東日本製鉄所の千葉地区。この写真はその東工場。
右端に見えるのが例の第5高炉。
中央右寄りにフクダ電子アリーナ(いつもこの辺から"解体中の第5"を撮ってます)
中央左寄りには、K’sデンキやヨーカドーなどのショッピングモールがある。

あっ、それからこのタワーはハーフミラーガラスになっているもんで、中からだと
いまいちクリアさに欠けてしまいます、それにちょー汚れてるし。。。
ので、写り込みなどもありますが予めご勘弁ください。m(_ _)m

撮影日:8月28日





a0163932_21261891.jpg

こっちが西工場。西工場の中央に君臨するのが稼働中の第6高炉。
この写真より右側奥が市原、袖ヶ浦、木更津、君津と続くコンビナートだが、
ちょうどこのタワーは菱餅の様なひし形でその鋭角な角の方角だったため撮れなかったーT T


a0163932_21264299.jpg

ほかには、こんなスカイツリーや。。。
そう。スカイツリーと言えば、あの美脚のフトモモ!?の鋼管は
このJFE東日本で製管されたものだそうです。


a0163932_2127022.jpg

真中に東京タワーなんかも見えました(^O^)/


a0163932_2128334.jpg

んで、これがここで唯一稼働中の第6高炉です。
ここは、その昔は川崎製鉄 千葉工場。当時は高炉が6炉あったそうです。
川鉄時代に6炉から第5と第6の2炉に再編され、
2003年に日本鋼管と合併しJFEに統合した後2004年に第5が休止しました。

しっかし、稼働中の高炉は鉄鉱石やら、酸化した鉄粉の粉塵等が積って
真っ赤に染まっていて迫力ありますねー。


a0163932_21282110.jpg

JFEは"Japan Fe Engineering"の略だそうで。。。Feは、そう鉄の元素記号でありまして。。。

この埃が舞っているのは?石灰?鉄鉱石?
なんか、こんな殺伐とした風景がまたいいですねー。


a0163932_21283658.jpg

製鉄所は所謂"工場萌え"のパイプや蒸留塔の林がある化学工場とは全く景色が違います。
まるで、大昔の"踏鞴(タタラ)"をイメージさせるような、そんな風に見えます。


a0163932_21272046.jpg

んで、この東工場の解体中の第5高炉(正式には溶鉱炉とは言いません)
1965年に火入れされてから2004年に休止するまで約40年間鉄鉱石を溶かしてきたのですね

色々な理由があるようですが、生産・設備の合理化と周辺の再開発の為に解体されているようです。
川鉄時代の再編によって周辺が再開発され、サッカー場が出来たり、ショッピングモールが出来たり。。。
周辺の再開発は2015年まで計画されているようです、東工場はさらに縮小され、
海側の西工場に統合されると思われます。

因みに現在解体中の第5高炉の跡地には"蘇我エコロジーパーク"なるものの建設が予定されているようです。

裏から見るとクレーンの形もはっきり見えますねー。


a0163932_21285591.jpg

これが、千葉ポートタワー。
前の公園に面した小さな湾は、ウィンドサーフィンや、潮干狩りや。。。
タンクや、貨物船に囲まれた都会のオアシスになっていました。。。


もっと続く

撮影地情報

[PR]

by pictorialisme | 2010-09-01 22:39 | EOS 7D


<< 千葉港めぐり~Part1      ついに~JFE東日本第五溶鉱炉 >>